2022年6月30日 (木)

6月27日に「千葉凸凹地図」と「千葉スリバチの達人」が昭文社から発売されました!

【ご案内】6月27日(月)に千葉スリバチ学会が監修・執筆した「千葉凸凹地図」(共著)と「千葉スリバチの達人」が昭文社から発売されました。

「千葉凸凹地図」は、千葉県北西部を中心に1万分の1、3万分の1の縮尺で、凸凹地形を極力正確に表現した「スリバチ地図帳」で、湧水、古墳・貝塚、中世城郭の遺構、暗渠、古道・旧道などのまち歩きが楽しくなるスポットを載せています。

また「千葉スリバチの達人」は、千葉県北西部の中で地形まち歩きが楽しい18エリアを選んで、現代の地図、明治から昭和にかけての古地図、各エリア内でおすすめの10箇所を写真と解説で紹介した、千葉の地形まち歩きのガイドブックです。

ぜひこの2冊を千葉のまち歩きの友としてご活用いただければと思います。

Content

Chiba_map_h1h4_page0001

Suribachi_chiba_cover_page0001

2022年5月 1日 (日)

2年3か月ぶりにフィールドワークを実施しました。

2020年1月に市川市の国府台駅から始めた「下総台地の崖線を西から東まで歩く」シリーズのまち歩きの第二弾の船橋市編。同年3月に実施予定だったのですが、新型コロナのために延期して、今年1月に実施しようとしたらまたコロナの感染拡大で延期。さして4月29日(金・祝)に参加者を30名に限定して、三度目の正直で実施することができました。

前回のゴールのJR総武線 下総中山駅を10時に出発して、下総台地の東船橋、西船、海神、夏見、東船橋、船橋大神宮、宮本の台地のヘリを歩いて、午後5時にゴールの京成線 船橋競馬場駅に到着。あいにくの雨の中の実施でしたが、途中に寄った飛ノ台史跡公園博物館で学芸員の方から貝塚と博物館内を解説していただきながら見学したのは、船橋の台地の太古からの歴史を参加者の方々に知っていただくことができて収穫でした。

途中から雨が本降りになったので、東船橋駅で中締めをしていったん解散してから、残った9名でゴールの船橋競馬場駅にたどり着くことができました。歩いた距離はひさしぶりの約20km!
雨の中、ご参加いただきました皆さま、本当にお疲れさまでした。また懲りずにご参加ください。

P4290186 P4290019P4290032 P4290042P4290068 P4290107P4290148 P4290155P4290175 P4290181-2

2022年1月 4日 (火)

明けましておめでとうございます。【習志野七福神巡り+スリバチ散歩】


明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

千葉の地形まち歩きサークルの千葉スリバチ学会ではブログの更新を3年ほど中止しておりましたが、今年からは行ったまち歩きのレポートを中心に少しずつ再開したいと思います。

1月2日は今年の初まち歩きで夫婦で習志野七福神巡りをしてきました。千葉では佐倉七福神巡りには行ったことがありますが、他にはなかなか半日くらいで歩いて回れるコースが見つからず、できなかったのですが、今回見つけた習志野七福神は昭和62年(1987)開創ということで新しいですが、半日で回ることができました。さらに少し寄り道をすると、大原神社・実籾本郷公園・藤崎森林公園・藤崎堀込貝塚・菊田神社・鷺沼城址公園などに寄って、スリバチ散歩も同時に楽しむことができます。
習志野七福神巡りは、京成本線の実籾駅を出発してJR津田沼駅まで約14kmで2万歩弱の行程でした。ただし御朱印の受付日は三が日と2月~12月の7日のみですのでご注意ください。

京成本線の実籾駅から出発。実籾駅を下りるのは初めてです。
P1020001

 

 

 

 

 

 



まずは実籾駅の南口近くにある無量寺へ。想像していたよりも大きな境内でした。
P1020010

 

 

 

 

 

 

 

 

無量寺の寿老人。
P1020012

 

 

 

 

 

 

 

 

京成本線の線路を越えると大原神社です。
P1020034

 

 

 

 

 

 

 

台地のヘリにある大原神社。
P1020037



 

 

 

 

 

 

大原神社の境内へ。
P1020040

 

 

 

 

 

 

 

朝早かったせいか、初詣客の人たちはまだそれほど訪れていませんでした。
P1020054

 

 

 

 

 

 

 

 

この道路は台地と台地の間を盛り土しているようです。
P1020068

 

 

 

 

 

 

 

 

スリバチにある実籾本郷公園へ。
P1020071

 

 

 

 

 

 




この田圃はほたる野と呼ばれているようです。
P1020078














実籾本郷公園内にある旧鴇田家住宅は正月の休館でした。
P1020088














入り口の隙間から撮った旧鴇田家住宅。

P1020092














公園内の池。
P1020101














ダイサギでしょうか。
P1020106











実籾駅から京成大久保駅方面に向かう途中にあった台地からのスリバチビュー。
遠く向こうに海浜幕張の高層ビル街が見えます。

P1020115











スリバチビューの続き。
P1020122












京成大久保駅へ。
P1020131














線路を越えて北口にある学園おおくぼ商店街。
P1020135












坂の上の雲の秋山好古のモニュメントがありました。
P1020137














弁財天の薬師寺へ。
P1020144













藤崎森林公園に向かうとスリバチが。
P1020167













藤崎森林公園。
P1020173













公園内にある旧大沢家住宅も休館でした。
P1020189












公園内にあった旧木曽王滝森林鉄道の田島停車場とj機関車。
P1020201














藤崎森林公園の池。
P1020206













台地の上にある藤崎堀込貝塚へ。
P1020215













小さな木の茂みの下に藤崎堀込貝塚の祠があります。
P1020223











藤崎堀込貝塚から見た空。
P1020229














貝塚には貝片が散らばっています。
P1020230














茂みの下の祠は富士塚のようになっていました。
P1020236














藤崎堀込貝塚をあとにします。
P1020244














正福寺へ。
P1020255














お寺の境内にあった七福神の像。
P1020257













正福寺の布袋尊。
P1020261











子安神社も寄ってみたかったですがパス。
P1020271












JR総武線の線路を越えると菊田神社があります。
P1020273














菊田神社の池。
P1020274














菊田神社は初詣客が行列になっていました。
P1020284














菊田神社の面白い顔の狛犬。
P1020295













菊田神社の鳥居。
P1020307
























京成津田沼駅前の日高屋で昼食を食べてから七福神巡りを再開。
P1020319
 












  
習志野市役所。
P1020327













ハミングロードと名づけられた菊田遊歩道。
P1020329
      


鷺沼城址公園へ。
P1020337













台地の上の鷺沼城址公園。
P1020341














埴輪の像が立っていました。
P1020347














鷺沼古墳の箱式石棺が室内に保管されています。
P1020365














慈眼寺へ。
P1020390














慈眼寺の大黒天。
P1020393














大黒様。
P1020398












東漸寺へ。
P1020407














東漸寺の福禄寿。
P1020416























津田沼にあった長い階段。
P1020426














階段の上から。
P1020431























東福寺へ。
P1020435













東福寺の恵比須尊。
P1020437













最後の西光寺。
P1020471













西光寺の毘沙門天。
P1020468














住宅地が造成されるのでしょうか。
P1020490













津田沼駅方面へ。
P1020497













JR津田沼駅前の閉店予定の津田沼パルコ。
P1020510














JR津田沼駅でゴールです。
P1020513













習志野七福神巡りでもらったスタンプ。
P1020515













習志野七福神巡り(+スリバチ散歩)のGPSログを地形ソフトのカシミール3D+スーパー地形に載せて、主なスポットを記載してみました。皆さまの習志野七福神巡り、および地形まち歩きのひとつの参考になればと思います。
 
Photo_20220104180801












最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

2018年12月31日 (月)

2018年もありがとうございました!

千葉スリバチ学会は2018年は以下の4回のフィールドワークを行いました。


1月28日 船橋市飛地・まるっと丸山へ参る! 境界と地形ご覧あれ!(境界協会さんとコラボ)

20180128


4月14日 古墳と飛行機の里、芝山を歩く

20180414


6月  9日 北柏の台地の歴史と戦争遺跡を探索する

20180609


11月4日 大町~市川大野(市川街歩きの会さんとコラボ)

.20181104


来年も千葉県北部の下総台地をフィールドに、新たな発見ができる魅力的な場所を探して、皆さまと一緒に千葉の地形の高低差と歴史を楽しむフィールドワークを行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。皆さま、良い年をお迎えください!


2018年5月14日 (月)

6月9日(土)千葉スリバチ学会 北柏フィールドワークのご案内

(参加申し込みはフェイスブックを通じて行い、締め切らせていただきました。)

次回の千葉スリバチ学会のフィールドワークは「千葉の渋谷」「東の渋谷」と呼ばれている柏市に初進出! 柏駅の隣の北柏駅を出発して、利根川に面する下総台地北端エリアの凹凸地形を探索しながら、歴史スポットと戦争遺跡を訪ねます。

日程:2018年6月9日(土)
集合場所・時間:JR常磐線 北柏駅の改札口を出たところに10:00集合
解散場所・時間:北柏駅で17:00頃に解散予定
雨天決行(悪天候の場合の中止連絡はこのページで行います)、途中抜け可、参加費無料です。

今回のフィールドワークでは、北柏駅から利根川方面に向かって下総台地のスリバチ地形を歩きながら、関東三弁天のひとつ布施弁天や旧吉田家住宅歴史公園等の歴史スポットと、軍都柏の遺跡として残っている高射砲第二連隊の訓練棟や歩哨所、ロケット戦闘機「秋水」燃料庫跡等を訪ねます。当日は柏市の学芸員の方にご案内いただく予定ですのでお楽しみに!

なお、ランチは布施弁天近くにある築約50年野古民家カフェ・コハレキッチンで食べます。したがって、最初にご連絡しておりました、おにぎり等の昼食の持参は不要ですのでよろしくお願いいたします。

Photo_2


2018年1月17日 (水)

1月28日(日)千葉スリバチ学会 船橋市飛地フィールドワークのご案内

1月28日(日)に境界協会さんとコラボ企画で、「船橋市飛地・まるっと丸山へ参る!境界と地形、ご覧あれ!」を行います。

鎌ヶ谷市に浮かぶ船橋市飛地・丸山地区。下総台地とそれを刻む谷戸地形。そして、廃線の跡もチラリと。境界と地形を堪能いたしましょう!
◆集合:1/28(日)12:00@馬込沢駅
◆解散:馬込沢駅
◆打上げ:馬込沢駅周辺

26686021_1622835447801436_371747650


2018年1月 2日 (火)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

千葉スリバチ学会は2017年はおかげさまで以下の5回のフィールドワークを行うことができました。
・吉村 生さん・髙山さんと歩く庄司が池排水路暗渠と幻の昭和放水路ツアー(3月20日:暗渠マニアック!さんと共催)
・香取神宮参詣と伊能忠敬のまち・佐原を歩く(6月24日)...
・飯山満(はさま)から海老川~船橋市中心街へ(9月23日:船橋ミライ会議さんと共催)
・千葉都市モノレールにも乗るよ! 千葉市地形特集(10月15日:千葉・地図ラーの会さんと共催)
・下総台地の端っこ-「北の鎌倉」-我孫子(11月11日:小林さんのご案内)

今年は以下の場所でフィールドワークを予定しています。
・船橋市:丸山の飛び地(1月28日(日):境界協会さんと共催)
・芝山町:日本一短い芝山鉄道と古墳の里(4月)
・銚子市:銚子電鉄で房総半島の突端へ(6月)
・市川市:市川大野と大町・梨街道へ(9月)
・栄町・成田市:千葉県立房総のむらと龍角寺古墳群(11月)
詳細が決まりましたらイベントページでご案内します。

千葉県北部の下総台地はスリバチ地形が無限大にあります。今年もご一緒にフロンティアを目指しましょう!

Photo

2017年10月29日 (日)

10月26日(木)東京新聞朝刊に掲載されました。

10月26日(木)の東京新聞朝刊最終面の「TOKYO発」に、10月15日(日)に千葉・地図ラーの会さんとコラボで行った「千葉市地形特集」の街歩きイベントの記事が掲載されました。

Img004

2017年10月24日 (火)

【ご連絡】10月26日東京新聞朝刊に掲載予定です。

【ご連絡】10月15日(日)に行った「千葉市地形特集」フィールドワークの様子が、10月26日(木)の東京新聞朝刊最終面の「TOKYO発」で紹介される予定ですので、お知らせします。東京新聞をご購読の方はもちろんのこと、購読されていない方はよろしければ駅の売店・コンビニ等でお買い求めのうえ是非お読みください。

2017年10月19日 (木)

11月11日(土)千葉スリバチ学会 我孫子フィールドワークのご案内

千葉スリバチ学会が2015年11月の流山に続いて行う東葛地域第2弾のフィールドワークの舞台は我孫子です。

我孫子といえば手賀沼、そして我孫子駅の二駅隣には「湖北」駅もあります。
かつて、我孫子は「北の鎌倉」と称され、白樺派の文豪たちが集ったほか、今や日本一となったテーマパークの招致計画もあったという、実は風光明媚なところなのです。
いや、それよりもっと前から、我孫子には様々な人の営みがあり、歴史が積み重ねられ、文化がはぐくまれてきました。
一方、都心への通勤圏とは思えない、自然豊かな風景も多く残されている、魅力たっぷりなところでもあります。
今回は、下総台地の端っこという地形、そして何よりも我孫子市の南部にデンと構えた手賀沼と下総台地の関わりを存分に味わえるコースをたどりながら「北の鎌倉」を味わえるフィールドワークを企画しました。
  単なるベッドタウンの域には到底収まりきらない、我孫子の隠れた魅力満載のフィールドワークに、ぜひお越しください。

【要領】
日程:2017年11月11日(土)
集合場所・時間:JR常磐線我孫子駅に10:00集合...
改札口を出たところでお待ちください。
解散場所・時間:JR成田線湖北駅で17:00解散予定
その後、希望者で我孫子駅まで電車で移動し、懇親会を予定しています。  
雨天決行(悪天候の場合の中止連絡はこのページで行います)、途中抜け可、参加費無料です。

【念のためのご注意】
・コースの一部が未舗装路になりますので、念のため足元にはご注意ください。
Dscn9892


«9月23日(土・祝)千葉スリバチ学会・船橋フィールドワークのご案内